RODEO DRIVEから、LAの最新情報をお届けします。

2012年2月の記事一覧

FOR KIDS

2012年02月26日

子供にもっと野菜やフルーツなどの食べさせましょう!
と、アメリカ政府が約15年ぶりに学校給食の見直しをするとの記事がありました

約3,200万人の子供達が対象のようで、本格的な対策、行動に移るようです
オバマ大統領のミシェル夫人は、積極的な子供肥満対策に参加されています

夫人が主導する取り組みの一環として、
年間2,500億円の予算を投じて給食の献立を改善するとのことです

アメリカでは3人に1人の割合で子供が肥満とのことで、
早急な対応が必要になっているとのことです

今年早々にはオバマ夫人自身のツィッターも開設し、
肥満対策も選挙運動もつぶやいてゆくようです

フェイスブックも好調のようですし、
このような輪の広がりを利用して声を大きくしてゆくのでしょう

同時に親の協力や責任能力も問われる事だと思います
子は親の鏡であり、子育ては親の義務であり勉強です

健康を維持できないと、何も上手く進みません

アメリカの経済、将来を担う子供たちのためにも、
国と親が力を合わせないと行いけないと思います

しかし、、、一口食べたら病気になりそうな着色料多めのスナック
美味しいんですよね。。。矛盾していますが、大好きです

ではまた
 
 
ewqrq.jpg
 
 
 

RISING SUN

2012年02月24日

BB.jpg

MEETING WITH MACBETH

2012年02月23日

本日、マクベス・フットウェアのインターナショナル・マネージャーのトムに会いました

日本ではインタースタイルに参加し、数々のミーティングをこなしてきたようです

ですので、先週インタースタイルの会場にて、トム会った方々がたくさんいると思います

 

http://www.macbeth.com/products

 

南カリフォルニアのカールスバット市にある、

マクベス本社にてミーティング予定でしたが、急遽場所が変更になりました

あれ!?何か日本で問題が起こって不機嫌になっているのかな!?

 

雲行き怪しく、指定されたカフェ・テラスにてミーティングを行いました

結果、、、ひどく風邪を引いていて事務所では具合いが悪くなるということで、

太陽に当たりながらミーティングをしたいとのことだったようです

ような外気を吸ってリフレッシュということでしょうか

 

でも、太陽をたくさん浴びると風邪が悪化するような気がするのですが

しかもTシャツでした、鼻ズルズルなのに・・・

 

結局、2月とは思えない太陽光線に負けて室内に入りました

風邪なのに日焼け・・・顔赤すぎです・・・

 

efeq.jpg 

 

ミーティングは終始、日本の現状や今後の動きの確認でした

インタースタイルのマクベス・ブースもしっかり作りこみが出来ており、

本社側にも好評価だったとのことです

 

そして何よりもマクベス・ジャパンがチーム一丸になっている姿勢を強く感じだとのことでした

熱い気持ちはアメリカも日本も変わりませんね

マクベス・ジャパン、上昇中です!

 

ではまた

 

 

WEEKEND SHOOT

2012年02月21日

DSZRESZF.jpg

 

JBLJ.jpg

 

OJOJ;.jpg

 

OUG;.jpg

 

P2201485.JPG

 

P2201487.JPG

 

P2201488.JPG

 

P2201489.JPG

 

P2201491.JPG

 

P2201492.JPG

 

P2201496.JPG

 

P2201503.JPG

 

P2201509.JPG

 

UFLKUGU.jpg

15%

2012年02月19日

 アメリカの自動車産業は、長らく世界をリードしてきました

しかしサブプライム以降ならくの底へ落ち、

雇用問題や経済問題に大きな影響を与え、

アメリカ社会に衝撃と大きな課題を残しました

 

世界一へ復活、鎮座するには相当なパワーと努力が必要になります

日本や韓国の勢いな相当なもので、特に韓国パワーは強烈です

現在のロサンゼルスは、ここは日本か韓国と間違えるくらいにトヨタやヒュンダイが走っています 

 

また、今まではテニス・グランドスラムなどの大会スポンサーは、

ロレックスやヨーロッパ資本が基本でした

アメリカ・バスケットボール、

NBAでもフォードやシェビーなどのアメリカ自動車企業がメインでした

 

そのような話は今は昔、今はほとんど全てに韓国企業が名を連ねています

ヒュンダイ、キアなどの韓国自動車産業に加え、

昔は誰も振り向かなかった電機メーカー・サムソンなど、

今や時代をリードしているブランドに早変わりをしています

 

けしてアメリカや日本が、ブランド・バリューに頼ったばかりにとは思いませんが、

新興企業のパワーには本当に頭が下がります

 

新しいモノを開発していくだけでは駄目な自動車事情、

カリフォルニア州も将来を見据えた新しい規制を打ち出しました

 

2025年までにカリフォルニア州内で販売する新車の15%を、

電気自動車や二酸化炭素をほとんど排出しない環境対応車にするとの案です

 

環境にはやさしいですが、自動車産業にはまたまた難しい規制になります

しかしこのような規制や対応、未来を見据えた動きをしない限り、

アメリカ自動車産業の未来はないと思います

 

このような考えは他業種にも同じことが言えますし、

アパレルに身をおく私たちにも置き換えることが出来ます

 

カリフォルニアが、アメリカ自動車産業が勝負に出る以上、

私たちも足踏みをしている場合ではありませんね!

 

ではまた

 

 

PA210013.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3
« 2012年3月 2012年1月 »